女の人

様々な面からケアする

コットンを持つ人

シミやクスミがあると、とても恥ずかしいと感じ、どうにかして消したいと感じます。ではそのような時、美白のためにはどういった努力が大切なのでしょうか。美白ケアをする時に重要なのが、中からと外からどちらからもアプローチをかけることです。中からとは、食事による栄養摂取など、外からとは、化粧品によるケアです。まず食べることで美白を行う方法です。これは、抗酸化物質という、活性酸素を抑制して肌の老化を防ぐ作用のある栄養素を摂ることが肝心です。抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンCやビタミンA、ビタミンEです。またアスタキサンチンにも同様の効果があります。ビタミンの多い食材は、レモンやにんじん、鶏肉、豚肉、レバーなどです。そして、アスタキサンチンはエビやサケ、カニに含まれます。次に外からのケアです。これには化粧品を使います。しかしひとえに化粧品と言っても色々あり、重要なのは目的に応じて成分を選ぶことです。シミを消したい場合は、プラセンタエキスやビタミンC誘導体の入ったものを使います。また、シミを予防する時にはアルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体の入ったものを使います。逆に、シミを予防する成分に美白効果はありません。そして、肌質が化粧品と合うことも重要です。さらに、使い続けられる値段であることも大事です。美白効果は続けることで出てくるので、肌に合わない、値段が高いなどで使い続けられないということは避けましょう。

手

ビタミンCでシミ予防

顔に一つでもシミができるだけで老け顔に見られます。シミはビタミンC誘導体入りの美白化粧品を塗ることで排出することができます。ビタミンC誘導体には沢山の美肌効果があるので、30代以降の女性におすすめです。

基礎化粧品

水分が白く美しい肌を作る

白くみずみずしい素肌は適度な水分によって初めて作られますから、保湿効果のあるローヤルゼリーの化粧品が魅力的です。ローヤルゼリーには代謝を活発にする働きもあるため、シミを薄くするなど美白効果を期待できます。また、吹き出物や日焼けによる炎症の治癒など、抗炎症作用の面からも美白をサポートしてくれるのです。

レディ

美白洗顔料は原因で選ぶ

洗顔料による美白は、原因によって違うものを使います。シミ、毛穴の黒ずみ、乾燥による黒ずみ、角質によるくすみと様々な原因に対して、それぞれ異なる効果の洗顔料が適しています。また洗顔の際は、顔に刺激をなるべく与えないようにしなければ逆にシミの原因になるので気をつけましょう。